レビトラを通販サイトで購入する男性

コスパの良いED治療薬を使いたいならジェネリック!

ED治療薬のバイアグラはシルデナフィルを含んだ薬の中では高額ですから、コスパで選ぶのであればジェネリックにメリットがあります。
あるいは、男性のためのペニソールといったサプリメントを選ぶことになります。
バイアグラと同じくシルデナフィルを含んだジェネリックとしてコスパに優れるのがインドで作られているカマグラです。
カマグラには、輸出向けのカマグラゴールドがありますが、いずれも同じシルデナフィルを含んでおりバイアグラと同じ効果を得られます。

コスパ面でみればバイアグラが1錠あたり1300円から1500円で、含まれるシルデナフィルも25mgまたは50mgのどちらかですが、カマグラの場合には1錠あたり600円から700円で含まれるシルデナフィルは50mgまたは100mgです。
含まれる成分からみてもコスパに優れており、100mgのものをピルカッターを使って半分にして利用すれば1回あたり300円程度でED治療薬を使用することができます。
ただカマグラは日本では承認されていない薬ですからそのままでは購入することはできません。
個人輸入という方法になりますがそれでも国内で処方されるジェネリックよりも安価です。
一方で副作用はバイアグラとまったく同じですから、バイアグラを使っていてコスパを抑えたい人には最適です。

カマグラが安い理由としては、後発医薬品であることですが、同時にインドで生産されていることも大きく関係しています。
インドは医薬品の特許制度が異なっており、そのためはやくからバイアグラのジェネリックが発売されています。
後発医薬品が安い理由は開発費を大幅に抑えられるということですが、含まれる成分は先発医薬品の成分とまったく同じものですから効果も副作用もまったく同じです。
このため費用を抑えるための代替薬として広く使われています。
カマグラは実績のあるED治療薬でもあり各国に輸出されており世界中で使われており、日本でも多くの人がED治療薬のコストを抑えるために使っているジェネリックです。

カマグラとスーパーカマグラの違いについて

インドの製薬会社で作られているバイアグラジェネリックにはカマグラだけではなくカマグラゴールドと呼ばれる薬もあります。
どちらの薬もシルデナフィルが使われており効果や副作用も同じようなもととなっていますが、いざ選ぶとなるとどちらが良いのかと迷ってしまう人もあるのではないでしょうか。

まずカマグラはEDの改善を目的とした薬となっておりバイアグラと同じように使うことができます。
そしてスーパーカマグラはダポキセチンと呼ばれる成分が配合されているのが特徴的でこの成分が配合されているかどうかが大きな違いとなります。

ダポキセチンにはどんな効果が得られるのかも知っておきたいですが、これはシルデナフィルのように血管を拡張させて勃起をサポートするというわけではありません。
ダポキセチンはSSRIと呼ばれる抗うつ剤の一種となっており、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの増加に役立ちます。

セロトニンは心の安定には欠かせない大事な成分で興奮したときに分泌されるドーパミンやノルアドレナリンを抑える働きがあります。
男性の悩みではEDだけではなく、射精がコントロールできない早く終わってしまうという早漏の悩みを抱える人も多くいます。
そうした悩みを持つ人がダポキセチンを飲むと過剰な興奮が抑えられ、射精がコントロールしやすくなるとされています。

どちらも同じ薬というイメージがありますが、早漏の悩みがあるかどうかでも選ぶ薬は違ってきます。
特に射精のコントロールには問題ないという人はカマグラで十分な効果を得ることができますし、EDだけではなく射精の時間を長くしたいという人はスーパーカマグラがおすすめです。
悩みによって合う薬は違いがありますので、購入前にはそれぞれの違いをよく確認しておきましょう。