レビトラを通販サイトで購入する男性

レビトラにある副作用に注意をしましょう

レビトラには頭痛やほてり、下痢などの副作用があります。用量に関わらず服用してから20分程度で効果が現れますが、副作用も発症しやすいのが特徴です。
ただし頭痛やほてり、下痢などの副作用は基本的にあまり強くありません。
硝酸剤など一定の医薬品を使用している場合や、心臓や脳などに障害がある場合は服用が禁止されます。
レビトラは即効性が大きな特徴なので、短い時間で強い効果を期待できます。副作用は基本的に軽いので、安全にED治療ができます。

頭痛やほてり、下痢などの他にもレビトラには様々な副作用があります。
循環器系では顔面浮腫や頻脈、起立性低血圧などが見られる場合も存在します。
レビトラは血圧を下げるため、心臓への血流が低下すると狭心症を発症する可能性もあります。
心臓に酸素を送るのは冠動脈の役目です。血圧低下により心筋が酸欠状態となると冠動脈に異常が起こります。
冠動脈が完全に閉塞したり著しく狭くなり、心筋が壊死すると心筋梗塞を発症します。

レビトラの副作用は基本的に軽いので問題なく利用できますが、心臓などに障害がある場合には注意が必要です。
現在心臓や脳に障害がある場合には服用できません。
また過去6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞などの既往歴がある場合も同様です。
不安定狭心症や重度の肝機能障害、先天的な不整脈を患っている場合も服用が禁止されます。
抗不整脈を使用している場合は、一定のものを除いて服用できます。低血圧や高血圧の場合は、病院で適切な治療が行われていれば問題ありません。

網膜色素変性症や血液の人工透析を行っている場合も、レビトラの服用が禁止されます。
硝酸剤や一定の抗不整脈薬などを服用している場合は、レビトラを併用すると急激に血圧が下がる可能性があり危険です。
他の医薬品を服用している場合には、医師の指導を受けることで安全にEDを治療できます。
レビトラの副作用は基本的に軽いものです。頭痛が起きた場合でも、ロキソニンを併用すれば痛みを抑えることができます。

レビトラは鎮痛薬との併用は可能?

ロキソニンは鎮痛薬として一般的に使用されています。
レビトラには副作用として軽い頭痛が起こることがあります。鎮痛薬を併用すれば、頭痛を抑えることができます。
ロキソニンは60mgの場合、1日に3錠が摂取限度とされます。一旦服用した場合には、次の服用まで4時間ほど間隔を空けます。
レビトラの10mgも持続時間はほぼ同じです。ロキソニンとレビトラを併用する場合には、同時に服用するのが一般的とされます。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院では通常10mgか20mgが処方されます。
用量が多いほどペニスを勃起させる作用が強くなりますが、副作用も重くなります。
ただし20mgの場合でも、基本的に副作用はあまり重くありません。10mgの方が体への負担が少なくて済みます。
レビトラの10mgとロキソニンは効果の持続時間がほぼ同じなので、一緒に服用すると効率的です。併用する場合には胃腸薬も服用します。

レビトラは空腹時に水かぬるま湯で服用するのが基本とされます。
アルコールと一緒に服用すると、気分がリラックスできるため効果的です。ただし過度のアルコールは酩酊状態を招き、性行為を困難にします。
またレビトラを服用すると血管が拡張されるため酔いやすくなるため、服用後は飲酒を控える必要があります。
ロキソニンを空腹時に服用すると胃の粘膜が荒れることがあるので、一緒に胃腸薬も服用します。

レビトラとロキソニン、胃腸薬を併用すれば頭痛を防ぎ胃の粘膜を保護しながらEDを治療できます。
レビトラは肝臓や腎臓などに重度の障害がある場合に服用できません。
ロキソニンも副作用として肝障害や急性腎不全を引き起こす可能性が存在します。腎臓や肝臓に問題がある場合には、医師に相談する必要があります。