レビトラを通販サイトで購入する男性

レビトラを通販で買う場合の注意点について

レビトラは世界中で利用されているポピュラーなED治療薬ですが、利用するには病院で医師に処方してもらう必要があります。
ただ、男性の中には仕事が忙しくて病院へ行く暇が無かったり、1錠あたり1,500円から2,000円という高額な薬価に躊躇している人も多いはずです。

このような場合は、インターネット通販でレビトラを個人輸入する方法がお勧めです。
病院へ行かずに入手できることに加え、通販なら非常に安い価格でレビトラを購入できるため、経済的なメリットもあります。

ただ、通販である以上はいくつかの注意点も理解しておく必要があります。
個人輸入で使用した医薬品は完全に自己責任になってしまうため、副作用が出た場合も救済制度が適用されません。
初めてレビトラを使用する人は副作用のリスクや正しい服用方法を知らないということも珍しくなく、場合によっては深刻な副作用で危険な状態になってしまう可能性もあります。
このため、できれば一度は医師に相談して正しい使用法を教えてもらい、副作用が起きた場合のアフターケアが十分な状態で試してください。

もっと怖いのは、偽物が送られてくるということです。
レビトラとは言っていても国の承認やチェックを受けていない海外製の商品なので、偽物の可能性も十分にあり得ます。
通販で出回っているED治療薬は、他の医薬品と比べても偽物が非常に多いことで有名なので、購入する場合は十分に確認しなければなりません。

偽物とひと口に言っても、有効成分であるバルデナフィルが全く入っていないものや、身体に有害な添加物が使用されているもの、バルデナフィルの含有量が非常に少なく効果が無いものなど内容は様々です。
見た目は本物そっくりなので偽物だと気付かず服用し、健康を害してしまう危険性もあります。

このようなリスクを避けて正しい効果を得るためにも、偽物を販売する悪質な業者の特徴を知っておくことが大切です。
業者を見極める目を持っていれば、本物を購入してEDの改善に役立てることができるでしょう。

偽造品を販売する業者の特徴とは?

有害な添加物が入っていたり、バルデナフィルが配合されていないレビトラは偽物です。
レビトラは非常に人気の高いED治療薬なので消費者からのニーズも高く、業者にとっては儲かる商品なので偽物も数多く出回っているので注意が必要です。

このような偽物を取り扱う業者には、共通した特徴が見られます。
例えば、他の個人輸入サイトと比べて極端に安い価格を設定していたり、手元に届くまでの日数が異様に早いことなどが挙げられます。
個人輸入の場合、レビトラの平均的な価格は1錠あたり約1,200円から1,500円ほどです。
安かろう悪かろうという言葉がある通り、この相場より遥かに安い価格だと偽物の可能性が高いでしょう。

また、医薬品の個人輸入では、基本的に海外の業者から商品が発送されます。
そのためどんなに早くても1週間から2週間ほど配達日数がかかってしまうのですが、中には注文から数日で手元に届くと謳っている業者もあります。

このような場合、個人輸入代行業者が商品をストックしている可能性が高いです。
日本では医薬品の個人輸入は個人利用に限って認められており、業者はあくまでも海外業者と個人の仲介役と見なされるので、在庫を持つことは法律で禁じられています。
このため、配達日数の早さを売りにしている業者は法律違反をしている可能性が高く、コンプライアンス意識の低い業者は偽物を取り扱っているケースが多いと言えます。

さらに、取扱商品について一切鑑定を行っていない業者も怪しいです。
優良な業者だと、海外製のレビトラを定期的に成分鑑定して真偽を確かめています。
鑑定書をウェブ公開しているところも多いので、全くそういった取り組みをしていない業者は注意した方が良いでしょう。