レビトラを通販サイトで購入する男性

レビトラ最大の特徴は即効性!

レビトラはバイアグラと同じED治療薬として認可されていて、2番目に承認を受けました。
2003年にドイツの会社から発売され日本では2004年に認可されていて、レビトラのパッケージには「炎」のマークが描かれていてマッチの炎を模しているのが特徴的です。
マッチは瞬時に着火することからこの薬の即効性を表しているのでしょう。

レビトラはバイアグラと比較すると食事などの影響を受けにくくなっていて、通常の食事では血中濃度などの影響が出ないようになっています。
通常の食事は栄養学での成人男性1食分の食事で、700kcalと言われています。
総エネルギーに対して占める脂肪の割合も30%までという制限がありますが、だいたい牛丼並盛りが基準値とされているので気兼ねなく通常の食事を行うことができるでしょう。
いくつかの条件を守っていると食事の影響は受けないと立証されています。

レビトラはバイアグラの食事や血中濃度などの欠点を解消するのに開発された新しいED治療薬と言えるでしょう。
レビトラは医療用医薬品で購入する場合、医師による処方箋が必須です。ドラッグストアなどで購入できないので、医療機関を受診することになります。

最近ではインターネットを利用してレビトラを販売している店舗のサイトがありますが、このようなサイトは個人輸入代行を行っていて販売などが許可されています。
個人輸入代行は輸入品などを直接購入することができない人の代わりに注文し購入することが可能です。
扱っているアイテムは輸入品なので国内の法律には関係なく、海外で製造されたものだとクリニックに行かなくても購入することが可能になります。
インターネットを利用して海外の薬剤を購入・販売しているサイトは多く、種類も豊富で価格はサイトによって幅があります。
サイトによってそれぞれ特徴があるので比較検討し、自分のライフスタイルに合ったサイトを見つけることができるでしょう。

レビトラの効果は最短15分で発生する

レビトラはED治療薬で、基本的な効果や効能は男性器の勃起の補助になります。
レビトラは即効性の非常に高い薬と言われていて、個人差はありますが早ければ15分ぐらいで効果が現れるでしょう。
早く効く薬の中には持続時間が短いタイプもありますが、レビトラは持続時間がバイアグラよりも長めになっていて、人によっては5時間~10時間ぐらいです。
時間差に幅があるのは服用量によって時間が異なり、レビトラの場合は10mgや20mgを服用することが多いので持続時間は5時間~6時間と8時間~10時間と言われています。
効果が現れるまでの時間はその日の状態や体質などによってある程度左右されますが、かなりの効果を実感することができるでしょう。

レビトラは食事などの影響を受けにくいので、安定した効果を維持することが可能です。
カロリーや脂肪量なども条件から超えてしまうと影響を受けてしまいますが、注意していると一定した効果時間を手に入れることが可能です。

空腹時の方が効果が強く発揮されたり、即効性を感じることができるでしょう。
レビトラはED治療薬ですが基本的に勃起を補助するためのものなので、精力剤とは異なるものになります。
レビトラを服用しても自然に勃起しないので、精力増強効果という作用もないので注意が必要です。

催淫作用はもちろん性欲増進することもなく、あくまで補助をするためのものと認識して使用すると良いでしょう。
インターネットを利用して個人輸入サイトから購入すると比較的リーズナブルな価格で購入することができたり、周囲の人に気付かれずに注文することが可能です。
プライベート梱包を行っているサイトもあるので、安心して購入することができるでしょう。